友人から借金している時

自己破産をすることで、借金を免責してもらえるようになります。ただし、すべての債権者について申告する必要があるため、この点に注意してみるとよいでしょう。自己破産を行う時には、債権者についてすべて申告していくことで手続きを行えます。

 

ただし、お金を借りている中に友人や、お世話になった知人がいる場合には、お金を返済したいと考えるようになってきますが、自己破産では、債権者を隠したうえで申告することにより、免責が受けられなくなる恐れも存在しているのです。

 

友人や知人から借りたお金について黙ったまま自己破産はできないため、この点に注意してみるとよいでしょう。ただし、破産後については、友人や知人に個人的にお金を返済していくことは可能になっています。自己破産後には借金を返済する義務はなくなってきますが、個人的に返済を行うことまで制限は掛けられていないため、免責が終わった後に個人的に返済していくことはできるのです。

 

どうしてもお金を返したい友人や知人がいる方や、人間関係を壊すことなく今まで通りの生活を送っていきたい方は、事前に友人や知人に、その旨伝えておくとよいでしょう。伝えておくことにより、相手も安心して過ごせる様になります。

 

どの場合にしても、借金問題はまずは相談からです。相談無料の弁護士や司法書士事務所で借金問題の相談をしておくと、今後の生活も安心が出来ます。